健やかな未来社会へ、いま私達にできること

サイトマップ文字サイズ普通大きく

お気軽にお問い合わせください

行動計画

医療法人社団 珠泉会 行動計画

 職員が仕事と子育てを両立させることができ、職員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。


計画期間

平成23年4月1日~平成28年3月31日までの5年間


内容

目標1 全職員が育児休業制度の理解を深め、育児休業の取得を促進させる

<対策>
● 平成23年4月~9月、育児休業制度を含む法人の諸規程の重要点を要約した小冊子を作成し、配布する。
● 新入職員研修にて、小冊子をもとに制度を説明する。また、出産予定の女性職員並びに配偶者が出産予定の男性職員に対して、育児休業制度の説明を個別に行う。


目標2 出産や子育てによる退職者についての再雇用制度の実施

<対策>
● 平成23年4月~9月、出産や子育てによる退職者の再雇用に関する諸条件を検討する。
● 平成23年10月~、出産予定の職員及び既に出産により退職した職員へ周知を開始する。
● 平成24年度~、実態を把握し、再雇用促進への改善を図る。


目標3 所定時間外労働の削減のための措置の実施

<対策>
● 平成23年4月~、毎月、所定外労働時間を集計・一覧表を作成。
● 平成23年4月~6月、前年度の所定外労働時間の実態(時間・理由など)の調査・把握。
● 平成23年7月~、所定外労働の多い理由等を精査し、削減するための検討を行う。
● 平成23年10月~、各部署ごとにノー残業デイの検討・実施を促す。


目標4 年次有給休暇取得の促進のための措置の実施

<対策>
● 平成23年4月~6月、前年度の年次有給休暇取得状況を把握。
● 平成23年7月~、年休取得を計画的に行えるよう、各部署ごとの計画を検討する。
● 平成24年4月~、各部署ごとに年次有給休暇の取得計画を策定する。